自動詞と他動詞

文法

昔から自動詞と他動詞はよくわかりませんでした。

その時理解した気になってもすぐに忘れるし、後から考えてもよく思い出せなかったりしました。

というわけで今回きちんと整理しようというわけです。

自動詞

  自分だけで文が成立する。つまり直接目的語を取らない。目的語を取るときは前置詞を使う。

他動詞

  他語の力を借りないと文が成立しない。つまり直接目的語を取る。

うーん、これだけでは何のことかわからん。

例を挙げて説明すると、例えば rise(上がる) と raise(あげる)

The sun rises. (太陽が昇る。) のような文は目的語がなくても文が成立してますよね。こういうのが自動詞

Raise your hand. (手を挙げなさい。) これはyour hand という目的語がないとなんのこっちゃとなりますよね。これが他動詞です。

なーんだ簡単じゃんって思いましたよね。僕もそう思ってた時期がありました。それも何度も(笑) 一度勉強しても忘れちゃうんですよね。だから今ブログに書き起こしているのです。

実は日本語訳では自動詞っぽく感じるのに実は他動詞っていう動詞がいくつかあります。それを見ていきましょう。

discuss (議論する)

We discussed the problem. (私たちはその問題を議論した。)

なんかdiscuss about the problem .って言いたくなりませんか? でもdiscussは他動詞なので前置詞は使わないんです。

marry (結婚する)

Will you marry me. (結婚してください。)

marry with me とか marry to me とか言っちゃいませんか? でも言いませんmarry は他動詞なんです。これが

She got married to me. (彼女は私と結婚した。)

になると自動詞になり前置詞を使います。めっちゃやいこしいけどこれがルールです。

ほかにはenter explain などがあります。

I entered the university. (私はその大学に入学した。)

into とか入れてはいけません。

I explained this topic.(私はその問題について説明した。)

about を入れないようにしてください。

以上、自動詞と他動詞についてまとめてみました。 今度は忘れないようにしたいな。 そのためのブログだしね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました